無料
エロ
動画

背徳の館

結婚したら好きな人ができない、できちゃいけないなんてだれが決めたのでしょう。

人妻のイメージ

●家庭を捨てようという意思がなく、またシャブ中でもアル中でもない利口な人妻達は、浮気の絶好の相手かもしれない。性感も開発されているし、秘密も守ってくれるだろう。退屈な日常の中で、欲求不満も深まっていることだろう。

●どっちかっていうと「手を出しちゃまずい」と思うかも?責任とれないし〜。逆に、相手の同意さえあれば、面倒くさいことにならずにHできるのか?とは理屈では思いますが、

●“主婦”というと「家庭」を連想しますし、ちょっと「平凡」な感じです。“人妻”というと「女」みたいなものを意識します。僕の中では“主婦”と“人妻”って同じではありません。


●人妻っていうとちょっといやらしいっていうイメージがあるんですが、そういう雰囲気がでた人は僕としてはいいと思います。結婚してもまだ女としての魅力があるということだと思うので。僕の友達でテレクラをして人妻の方と知り合ったやつの話を聞くと、Hに対してはかなり貪欲だって言ってました。

●人妻の浮気は、下半身の疼きが原因ではない。下半身の疼きはむしろ結果である。情報が、虚栄心や競争心をあおるのである。女は、たとえ人妻でも価値を認めて欲しいのだ。
「きれいだよ」
と、言って欲しいのである。


「利口な人妻達は、浮気の絶好の相手かもしれない」

  そう、遊ぼうと思っている男性にとって、人妻は絶好のカモです。遊びなれてる人ほど人妻がどんなに簡単に落とせるか知ってるはずです。人妻たちが渇いていることを知っています。なんの責任もとらずにセックスができることを知っているのです。わたしたちが捨てられてもガタガタ騒がないことを知ってます。


世の中には遊びと割り切って男性と付き合える人妻もいます。それはそれで楽しそうです。うらやましい。マジで。でも、家庭を捨てるつもりは毛頭ないけど、遊びと割り切るつもりもなく、ずるずるとメルフレに夢を見てしまう人妻のほうが多いんじゃないかと思います。

【マニュアル通りに実行してください】女性をセックスに誘う具体的な「言葉」と「行動」手順

close